アメリカの食卓事情

アメリカのごく一般的な家庭の日常的な食事が、コーラとピザだけ、なんて事はごく普通で当たり前の出来事です。ピザの他には、冷凍食品やハンバーガー、ホットドックなど、家庭での食事には、あまり気を使わない人々が多いようです。ですが、古き良いアメリカの食事風景も残されているような家庭もあります。広い庭などに設置されたバーベキュースペースで、手造りのハンバーガーのパテを焼いたり、ステーキを焼いたり、基本はお肉料理ですが、やはり、冷凍食品とは異なり、きちんと自宅で調理したものなどは、格別な美味しさがあるものです。日本では、1つの食卓で家族が一緒に食事をとる習慣があります。現代の日本の生活は、家族全員が多忙過ぎて、食事をゆっくり家族全員で食卓を囲みながらという風景は、なかなか難しい状況もありますが、アメリカの家庭では、家族が自宅に揃っていても、食事時の家族のルールとして、好きな部屋で、好きな時間に食事をとっても良いといった家族ルールがある家庭もあります。夕食を両親が作り、キッチンにあるものを自由に、子どもたちやその他の家族たちが、プレートに盛り付け、リビングのカウチソファーや、庭のベンチ、自分の部屋などで、自由なスタイルで食事を摂る事で、それぞれの自立を促しているのかもしれません。日本人が、英会話の勉強の中で、「食事」を「Food」と言うか「Meal」とするか悩む事がありますが、基本は、どちらもアメリカ人は日常的な英会話の中では、使用しているようです。その他の言い回しですと、「Break fast」「Lunch」「Dinner」などと、その時間帯の食事に合わせた言い方を使用します。

アメリカの一般的な家庭の日常を知るって、英会話を勉強するのにもとても勉強になりますよね。

英会話を勉強するなら、新宿近辺がアクセスも良好でオススメです。

ぜひ「英会話 新宿」で英会話スクールなどを探してみましょう。