体験することで覚えていく

自然を題材にした英語は体験レッスンもできてたくさんの単語を覚えたりするようです。
山に行ったり、海に行くのもいいそうです。もちろん公園でもいいそうです。
外で遊んでいるときに見えるものを英語で考えるということで単語も数多く覚えるようになるそうです。
単語を覚えるというのは、中学生の勉強のひとつとなっていますが、本当は幼児期の方がたくさんの単語を覚えていくそうです。
遊びながら、自然の中で、好きなことをやっている時、という具合に英語の勉強という時間を取らない方法の方が英会話を習得できるとも言われているそうです。
言葉というのは、その言語環境に浸っていることが一番いいと言われているそうです。
なので、あえて英語の勉強をするよりも、映画を字幕で見るのもいいですし、目に見えるものを英語になおしていくのもいいと言えるそうです。
日本語を介して英語を勉強するのが、日本の学校や英会話スクールのやり方となっているそうです。
そういったところは幼児にも英単語を徐々に覚えさせるという手法が取られているそうです。
そうなると、せっかく一番単語や言語に柔軟に対応できる時期に、決まりきった英語単語を少しだけ教えるということになってしまうようです。
幼児期こそ英語環境の中で過ごさせる方がいいという専門家もたくさんいるそうです。
覚えなければならないといった強迫観念の中で覚えるより、自然に覚えていった方が良いと思います。
最初は言語の研究をするわけではないので、きっちり詰め込む必要もないと思います。
まずは興味があることに答えて上げるという方法がいいそうです。
英語を勉強するのではなく、英語でいろんなことを勉強していくという方法を取ったほうが、自然に英単語の数も増えていくと思います。