子どもの英語の言葉遊び

子どもの頃は「天才」と感じることがたくさんあったと思います。
好奇心もたくさんあって、いろんなことをたくさん知りたがったりする姿はまるで天才だといえます。
そんな天才のときに社会ルールを学んだりして、英会話に触れたりするのも良いそうです。
子どもが飽きずにできるように、おもちゃなどを使って英語になれさせるのもよいそうです。
日常で使う話し言葉をリズムに乗って昭和するのだそうです。
メロディをつけるのではなくて、英語の言葉遊びをすると英語独特の強弱のリズムとイントネーションが自然に学べるそうです。
おもちゃもダンボールを使った手作りのものだったりするそうです。
知育おもちゃとしてキャラクターのついたものや、子どもが好きそうなものはたくさん出ているそうですが、できれば手作りでやって欲しいということです。
ダンボールのいえや電車に乗って、「Let’s go by car.voom,voom,voom
ということを言ったりするほうが大切だそうです。
特に子どもたちが自分で工夫して作るということが教育的にも大切だそうです。
手作りをして自発的に遊ぶことで、脳の発達を促すことになるとも言われているそうです。
おもちゃにお金をかけるよりも、そのへんに転がっているガラクタの方が子どもも興味を持ったりするそうです。
植物を育てるということやダンボールなどの身近な物でおもちゃを作るという作業が、子どもたちにとても良い影響を与えるそうです。
英語も体験しながら学んでいくというレッスン法がいいそうです。
体験学習を英語でしたらいいそうです。
実際に自分の眼で見て、それを英語で言ったりしてということをすれば英会話も自然に見について行くそうです。
ペットボトルなどの工作でリサイクルのことなども学べると思います。
英語体験と他の体験といろんなことをしていけば良いそうです。