口頭で覚える

英会話は文字で勉強するよりも口頭で覚えるのが良いそうです。
日本人講師でも、アメリカ、イギリス、フィリピン、カナダ、ナイジェリアと外国人講師とのふれあいも大切だそうです。
眼と眼を見交わして、唇や舌の動きなどを見ることも必要だそうです。
また、息の吐き方、音の振動というのも感じた方がいいそうです。
英語学習の第一は口頭からということ、アナログが一番効果があるそうです。
面と向かって話す言葉や目線などで、思いは伝わるといいます。
言葉はとても大事ですが、それ以前の視線や手と手を握り合うなどもコミュニケーションとしてとても大切だそうです。
今はネットの発達で顔を見ながら電話ができたりするかと思います。
テレビ会議も当たり前の時代でもあるかと思います。
外国人との会話も顔と顔を見ながらできるようになっていると思います。
眼と眼を見て話して、自分の思いを伝えるというのはとても楽しいことだと思います。
英会話は実際に相手に使うことが上達の一番の早道だと思います。
テレビ電話ならば、多少言葉が詰まっても相手が勘を働かせて理解しようとしてくれたり、自分自身もなんとか記憶を引っ張り出して話そうとするかと思います。
留学しても、家に閉じこもってばかりで人との会話をしないまま帰国する人もいるそうです。
日本にいても、ボランティアの道案内などをして、外国人とのコミュニケーションを増やしペラペラと英語を話せる人もいるそうです。
英会話は相手との会話をするためのものなので、まずはコミュニケーションを取るということが大切なようです。
あまり難しく考えずに、まずは話してみようという意欲を持つことが大切なようです。
会話を恐れないでチャレンジしていくことが良いようです。