教材を選ぶときのコツ

発音を重視して使うのならば、教材の内容事態はそこまで大きな違いはないのでこだわる必要はありません。ただし、選ぶときのコツをいくつかご紹介しましょう。一つ目は、その本に自分の知りたいと思えるトピックや英語表現が入っているかということです。前の章でもお話ししたようにそういった自分の関心がある内容というのはやる気につながります。そういったものが多く入っている教材を選べばまず間違いはありません。二つ目は自分のやる気をあげられる表紙か著者を選ぶことです。ちょっとしたことですが、そのちょっとしたことでもやる気につなげていきましょう。好きな著者の書いたというのは信頼できるものですし、実行するときに迷いがなくなります。
教材を買うときにCDのものを買う方もいると思います。リスニング力をつけるだけでなく、英語表現も覚えられるのでCDというのは使い方を間違えなければとても優秀な教材です。CDを使って勉強するときには必ず日本語→英語の順番で聞くようにしましょう。そのほうが確実に記憶に残ります。英語→二本語という順番で聞いてしまうと、日本語が流れるころには英語の表現を忘れてしまいます。日本語は慣れ親しんでいますが、英語はそうではありませんすぐに忘れてしまうのです。教材を買うときにもこの点に気を付けていただきたいのですが、日本で売られているCDというのは英語→日本語がほとんどです。購入するときには気を付けましょう。どうしても英語→日本語しかない、もしくはすでに持っているCDが英語→日本語であるということなら、日本語が流れた後に自分で英文をもう一℃言ってみましょう。そうすれば日本語→英語の順番を自分で作ることができ、さらにアウトプットの学習もすることができるので一石二鳥というわけです。