語源のイメージ

英単語の勉強を進める時、意外にも「語源」について、ある程度の知識があるかないかということの違いで、覚えるときのストレスがかなり違ってくるという事実をご存知でしょうか。これは、日本語に置き換えて見るとなるほどと思える人は少なくないのではないでしょうか。それは、日本語の漢字で言う部首という考え方に似ていると言えるからでしょう。漢字も英単語も、ただ覚えていくだけではなかなか身につきにくいというのが勉強の難点であると言えるようですが、その「語源」に着目し、その発展の仕方をカテゴリー化することができれば、知らない単語に出会った際、ある程度の意味を予測することが可能になってくると言えるでしょう。こうなってくれば、それぞれの単語との「つながり」という部分も学べ、楽しさというものが出てくるのではないでしょうか。英語力を上げるために絶対必要と言えるのが英単語でしょう。記憶するという作業が得意な人もいれば不得意な人もいる中で共通してポイントとして挙げられるのは、長期記憶として定着させやすい勉強方法を知っているかどうかと言えるのではないでしょうか。どの勉強にも当てはまりますが、「気合い!モチベーション!記憶力!」と言った精神論だけに頼るような勉強方法では、一時的にテストなどはパスできても、後々、あっという間に忘れてしまい、また最初から勉強し直さなければならないという状況になっては、時間がいくらあっても英会話は身につけられないのではないでしょうか。英単語を覚えるうえで一番重要なのは、ただ「作業」と割り切って覚えるということでしょう。長期的に反復練習をする「作業」はノルマを達成した時点で体に染み付いており、長い間忘れるということはなくなるようです。精神論も重要ですが、ここは「作業」と割り切って勉強することが功を奏すると言われています。