目標と勉強内容

どれだけ上達しているかを確認するように述べました。しかし、上達していないと感じるパターンは他にもあります。ひとつは「目標を見失っている状態」であることと、「自分のやっている勉強内容と目的が合っていない」ということです。

まず、「目標を見失っている状態」についてです。このような人は、「自分にとって特に重要でないこと」や「あまりにも漠然としたこと」を目標としているせいで、モチベーションが下がってしまうのです。例えば映画を観るのがそんなに好きではないのに「字幕なしで映画を観られるようにする」という目標を定めたとしても、やる気がでないのは当然です。また、「英語を話せるようになる」といった目標も漠然としていて良くないです。そもそも、どの状態になって達成できたか分からないのであれば、永遠に目標が達成できずやりがいを感じられないでしょう。

次に、目標と勉強内容がちゃんと合っているかどうかです。よくあるのが「ビジネス英語を学びたい」という人です。このような人は、まずレベルの低い日常会話から学べる英会話教室に行くと思います。しかし当然ながら、日常会話です。ビジネスはおろか、週末の話を聞かれる、好きな映画を聞かれる、そればかりです。学びたい内容と現実に学ぶないようがかけ離れていると、当然ながらモチベーションが下がります。自分にはまだ早い、などと思わずに、ビジネス英語を学びたいならそれについて学びましょう。まずはモチベーションを保つことが重要です。実際にモチベーションが高い状態でやってみると、「日常会話も役に立つかもしれない」と前向きになることができて、結果的に全体の英語レベルを上げることに繋がっていくのです。